まずはできることから始めましょう

薄毛の種類はさまざまありますが、初期の場合には自分で出来る薄毛治療は多くあります。毛母細胞の働きがなくなってしまったら、薄毛の治療は難しくなりますが、早期の場合には毛母細胞を活性化させる手段は多くあります。

AGAの場合には遺伝による発症することが多いと言われます。父親や祖父に薄毛の人がいたら、自分にもその遺伝子があると考え、抜け毛が多くなったら早めに対策を打つことが大事です。早めに対策を取れば毛母細胞を活性化させて発毛させることは十分可能です。自分でできる薄毛対策はまず生活習慣の見直し。そして頭皮環境の改善が挙げられます。

生活習慣の改善にはヘビースモーキングや深酒、脂身の多い動物性タンパク質の摂り過ぎ、睡眠不足、過度のストレス、偏食、運動不足などがあります。これらはいずれも血行の悪化と関わりがあり、必要な栄養分が毛母細胞に到達することを阻害します。生活習慣を改善し、毛母細胞に栄養分を送り届けることは、基本的な薄毛対策ということができます。頭皮環境の改善にはヘアケアがあげられます。頭皮をきちんと洗わないと毛根に汚れや脂がたまり、栄養分が行き届きにくくなります。

また洗浄力の強すぎるシャンプーを使用しますと髪に必要な脂分、潤いを奪い去ることになります。髪の成分と同じ頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーを使用すること。シャンプーも爪を立てず、優しく洗い上げ十分にすすぐことが大事です。いずれも簡単に出来る方法ですが、全てを同時に行うことが必要。簡単に見えますが、継続することは大変です。効果はじっくりと現れます、頑張ってやってみましょう!

ページのトップへ