医師に相談することも必要なことです

薄毛になったら自分でできる対策は多くあります。早期に対策をとれば、薄毛が改善できる可能性はあります。自分でできる発毛治療は生活習慣の見直しから始まってヘアケアによる頭皮環境の改善、育毛剤や発毛剤の仕様など様々な方法があります。しかしいろいろな治療法を行ってもなかなか改善できないこともあるでしょう。

そのようなときには早めに医師の診察を受ける必要があります。手遅れになると、発毛することは難しくなりますから。新宿の薄毛治療 マリアクリニック新宿院などのクリニックでは、はじめにカウンセリングを行います。そこで自分の薄毛はどんなタイプなのか診断してもらうことになります。薄毛にもAGAをはじめ様々な種類の薄毛がありますので、それに対応した薄毛の治療が必要になってきます。またカウンセリングでは薬などで改善できるのか否か、費用など気になっていることは、すべて相談するようにしましょう。

治療方法はおもにプロペシアに代表される飲み薬とミノキシジルに代表される塗布する薬で治療することが多いと思います。また近年は毛包に直接作用して発毛を促す最先端技術、「HARG療法」を行うクリニックもあります。薄毛治療の効果はすぐに現れることはあまりなく、はっきりと確認できるのはやはり6ヶ月から1年程度は必要とします。医師の診察を受けたらその支持に従い使用法をきちんと守らなければなりません。まれに副作用が出る場合がありますし、女性の使用が禁止されている薬もあります。

また男性の薄毛治療も女性の薄毛治療についても保険を適応できるかは下調べをしておきましょう。

ページのトップへ