漢方薬を使用する方法もあります

薄毛治療については西洋医学で治すのが一般的ですが、漢方薬で薄毛を改善する方法もあります。漢方薬で治療というと「エッ!」と思う人も多くいるのではないでしょうか。漢方薬を使うことで体質を改善し、薄毛治療に結びつけることができるのですね。

漢方は西洋医学と異なり、未病の状態で食い止め発症をさせない、という考え方が基本にあります。根本には血液のあまりで髪の毛ができているとの考え方があるのですね。それ故、血液の循環が悪くなると、髪の毛に栄養が行き届かなくなり、薄毛になってしまうと考えられているのですね。そこで血の流れを良くして、髪の毛に栄養を行き渡らせ、発毛を促すということですから、基本的には西洋医学と同じなわけですよね。

血液を補う作用と血行をよくする作用を持つ植物生薬が「当帰」。中国では美容に効果があり、女性特有の症状を改善する生薬として重用されてきましたが、その「当帰」を主成分にしたのが「婦宝当帰膠」。血液の流れを良くし、髪に必要な栄養分を毛根に届けます。髪の毛を管理しているのは腎臓、「六味地黄丸」は腎の力が弱い人向けの薬。ストレスなどで血行不良になる人には「黄連解毒湯」。等々種類は多くあります。漢方は体質によって処方が違います。

自分に会った漢方薬を処方してもらうことが大事です。漢方薬はすぐに効果は表れません。ゆっくりと効いてきますので、少し長い目で見ることが必要です。また同時に生活習慣を見直し、頭皮環境を整えることも忘れてはなりません。

ページのトップへ