体質改善は発毛する素地を作ります

偏食したり極端なダイエットをすると、肌にうるおいがなくなり肌がカサついたり、荒れることはよくあることですよね。同様に頭皮も荒れたり、フケ症になったりすることがあります。これは栄養不足が原因!髪に十分な栄養が行き届かないから起こるわけですね。

しかし栄養が行き届かないと言っても、闇雲にカロリーのあるものばかりとっても何の意味もありません。それどころか脂っこいものを食べると毛根に脂がたまり、血行不良となって余計に栄養が行き届かない元にもなりかねません。それゆえ動物性のタンパク質を避けて、大豆などの植物性のタンパク質を中心に摂ることが推奨されるわけですね。最近のクリニックの中には薄毛治療の一環として、栄養指導を行うところもあります。

ただ単に発毛剤を飲んだり、塗るだけでは薄毛治療の効果が表れず、栄養面や生活習慣を含めた対策が必要なわけですね。栄養指導においては管理栄養士が日頃の食生活を見て、問題点をチェックします。その後にカウセリングを行い栄養指導や生活習慣の指導を行います。脂濃い食事の他に、塩分の濃い食事や刺激の強い食事も髪にはよくありません。良いとされる食事は魚類や大豆に含まれている良質なタンパク質、牡蠣やうなぎなどに含まれる亜鉛、野菜に含まれるビタミン類などをバランスよく取ることなのですね。

これからは発毛剤の処方箋だけではなく、栄養指導や生活習慣の改善など複合的な対策を行っていくことが、自毛再生へ繋がって行くわけですね。いずれにしても発毛というものは短期間には改善できないもの。少し長い目でみて、不断の努力をしていくことが大事ですね。

ページのトップへ