自分にあった発毛剤を見つけることが大事です

薄毛には年齢を経て薄くなる人、若い頃から薄毛が始まる人、ある日突然に薄くなる人など様々いますよね。薄毛の種類には男性型脱毛症、円形脱毛症、ひこうせい脱毛症、漏性脱毛症、脂漏性湿疹などがあり、その症状にあった発毛剤を使い薄毛治療をする必要があります。

発毛剤の種類についても服用するもの、塗布するものなど種類もいろいろあります。ATGは遺伝と深い関わりがあると言われますが、症状としては頭のテッペン及び前の部分が薄くなってきます。ATGの治療については頭皮に塗布するタイプと飲むタイプが一般的で、併用することにより効果がアップします。

塗布するタイプの代表的なものはミノキシジルで毛母細胞を活性化させ発毛を促します。外用薬としてドラッグストアで購入することができます。内服薬の代表的なものはプロペシアがあります。いずれも副作用が起きる場合がありますので、医師の指示を守り使用しなければなりません。円形脱毛症は精神的なショックを受けることで起きることが多く、1ヶ所或いは数ヶ所出来る場合があります。この場合の治療法は副腎皮質ステロイド薬の効果があると言われます。ストレスなどの原因がなくなれば、自然と治ってしまう場合が多いようです。ひこう性脱毛症、脂漏性脱毛症などは不適切なヘアケアが原因で起きる場合が多いとされます。

適切なシャンプー剤を使い適切な方法で洗うことが大事です。ひどい場合いは医師の診断を受けることが大事です。いずれの薄毛に対しても薬だけではなく、生活習慣を見直し、頭皮環境を整えることが大事です。近視眼的ではなく、じっくりと腰を据えて治療しましょう。

ページのトップへ