早期の対策対策がベスト

薄毛と一口に言っても、徐々に進行していくもの、進行が早いものいろいろあります。その種類によって対策は変わってきます。最も多い薄毛はAGAです。これは男性型脱毛症とも言い、で若いころから頭頂部や前頭部のあたりから薄くなってきます。

年をとってから薄くなったり白髪になるのはやむを得ないとしても、若いころから薄毛になるのはショックですよね。このAGAは遺伝や男性ホルモンの過剰な分泌、ストレス、睡眠不足、喫煙、飲酒、ダイエットなどが原因で引き起こされるといいます。これは髪の成長する時期に毛母細胞がきちんと機能しないために、完全に成長する前に抜け落ちてしまうもの。徐々に進行していくAGAに対して急激に薄くなるのが円形脱毛症。知り合いの人が小さなハゲができ、どうしたの?と言うような事がありますよね。

これは男女に関係なく発症するもので、円形のハゲが部分的にできるものと広範囲にできるものがあります。原因はストレスで起きると言う説が一般的です、がはっきりと原因はわからないようです。フケが薄毛や脱毛の原因であることもあります。脂症の人がなりやすいのが脂漏性脱毛。脂性のフケが頭皮につき毛穴を塞ぎ炎症をおこすというもので、赤くなり脱毛が始まります。ひこう性脱毛症は刺激の強いシャンプーを使う結果生じるもので、頭皮が乾燥し大量のフケが発生し抜けがひどくなるというものです。

びまん性脱毛症はホルモンや血行の不良で起こるもの。従来は中高年の女性に見られましたが、近年は若い女性にも見られます。ダイエットやストレスが原因とされています。様々な種類の薄毛に対して効果的な薄毛治療を行うことで発毛の確率は高まります。自分の薄毛はどのタイプなのか見極めるようにしましょう。

ページのトップへ