霊感占いが持つ特有の強み

占いには大きく分けてふたつの種類があります。それは霊感を使用しないものと霊感を使用するものです。霊感を使用しない占いとしてはタロット占いや水晶占い、四柱推命といった物理的な道具であったりデータを使用するものが挙げられます。また姓名判断や手相占いなど相談者自信の身体や情報を見ることによって判断する占いも霊感を使用しません。

霊感を使用する占いとは、基本的には道具やデータを使用せず、占い師が持っている霊感を使用して占いを行うのです。霊感占いでは相談者や相談者が見てほしい相手のの性質、相談者が抱えている問題の本質を見抜くことが出来るのです。なかには死者についても占っている占い師もいますので、故人のことが気になるときにあの世でどうしているかを知るためやメッセージをもらうために利用することも可能なのです。霊感占いは霊感を使用しない占いと大きく異なる点があります。

それは目に見えないものを見ることが出来るという点です。たとえば通常の占いでは霊的な障害について見ることが出来ません。しかし、しばしば霊的な障害が相談者の運命を阻んでいることもあるのです。そのようなときに霊感占いを行うことによって物事が上手くいかない原因を突き止めたり取り除くための改善策を見出すことが出来たりするのです。

また霊感占いはタロットなどの道具と複合して占うことも可能ですので、より多面的に占うことも可能なのです。このように霊感占いには特有の強みがあるので、悩み事がある人は積極的に利用してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする